You are currently viewing 【機動性抜群!】ハイエース標準ボディ「TAMA」をご紹介!

【機動性抜群!】ハイエース標準ボディ「TAMA」をご紹介!

都会での一台持ちにも対応する利便性の高い標準ボディをラインナップ

普段使いでの使い勝手はもちろんのこと、週末のバンライフも満足に使える機動性が高く、 

狭い道での取り回しに苦労しない運転のしやすさもバランス良く兼ね備えた汎用性の高いキャンピングカーを追求して開発しました。

大きなキャンピングカーの運転には慣れが必要だが、普通車サイズの標準ボディのハイエースは立体駐車場なども利用できる。

TAMAは標準ボディ・標準ルーフ、標準ボディ・ハイルーフをの2種類のボディタイプをから選択が可能。

ハイエースキャンピングカーの内装写真

TAMAは、日本の職人が最高級の木材と合板を使って丁寧に作り上げた製品です。

 

TAMAのキッチンカウンターには、美しい木目と質感、そしてカビや水に強いという特徴を持つウォールナット材を使用しています。

『Tama』の開発にあたり、ベース車両にはハイエースのベストセラーモデルの標準ルーフを採用。


平日の仕事でも活躍し週末のドライブも快適にこなす、1台持ちに最適なバンを追求しました。

TAMAは、6人乗り、最大4人(大人2人、小さな子供2人)が就寝可能で、8ナンバー仕様には、30L冷蔵庫、10L水タンク、サブバッテリーシステム(1000Wインバーター/100AHリチウム電池採用)が標準装備されています。

ハイエースキャンピングカーの内装写真

用途に合わせて変えれるレイアウト

TAMAは、用途に応じてさまざまなモードに素早く変化が可能。 

スリーピングモード


TAMA
のメインベッドスペースはセミダブルサイズです。さらに就寝スペースが必要な場合は、リアFASPシートをフラットにすることで、小さなお子様を2名まで寝かせることが可能です。 

ハイエースキャンピングカーの内装写真

ダイニングモード/ワークスペース


リアシートをキャンピングカーの後方に向け、テーブルの角度と高さを回転させながら調整することで、ダイニングモードや快適なワークスペースにすることができます。
 

ハイエースキャンピングカーの内装写真

カーゴモード

大きな荷物を運ぶ際に収納スペースを確保する必要がある場合、ベッドパネルを取り外すことで床面積を広くとることができます。

ハイエースキャンピングカーの内装写真

コンパクトながらも充実の電装装備

TAMAの8ナンバーパッケージには高性能のリチウムイオンバッテリーを採用したサブバッテリーシステムが付属します。

電化製品は1000wまで使えます。ヒューズボックスなども綺麗にまとめ、アクセスし易い場所にメンテナンス口を設けてあります。

ハイエースキャンピングカーの内装写真

スタイリッシュな冷蔵庫

コンプレッサー別体の冷蔵庫を採用する事により、スペースが少ないベッドの下に冷蔵庫を配置。今までのコンパクトなキャンピングカーは大きな冷蔵庫が外観を損ねていましたが、TAMAでは、コンパクトにベッド下に収まっています。アクセスもし易いです。

ハイエースキャンピングカーの内装写真

ショールームを訪問する

下記のお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。 
東京都狛江市と石川県金沢市にショールームがございます。

東京ショールーム
201-0005
東京都狛江市岩戸南1丁目88
電話番号:03-4577-0045 
*
ご予約はこちらまでお願いします