You are currently viewing 【積載量アップ】ヒッチメンバー

【積載量アップ】ヒッチメンバー

ヒッチメンバーとは?

ヒッチメンバーとは、ボートやキャンピングトレーラーなどをけん引するために、車側に取り付ける装置のことで車両の骨格部分にボルトなどで固定する。

国内外複数のメーカーから、車種専用の製品が発売され、牽引可能重量は製品によりそれぞれ異なっている。

連結器部分を脱着できるレシーバータイプの場合は、牽引以外にも応用できる。

荷物を載せるカーゴキャリア、軽量なオートバイを載せるバイクキャリア、自転車を載せるサイクルキャリアなどが取付可能。

ヒッチの写真

日本ではヒッチメンバーの強度は3クラスに分かれている

主に水平方向→(最大けん引可能なトレーラーの総重量)と垂直方向↓(ヒッチボールにかけられる最大の荷重)に分かれる。

キャリア取り付け時に気になる垂直加重は基本的にトレーラー車両総重量の1/10未満となる。

クラスによって牽引できるトレーラーの重量と垂直荷重以下の通り。


クラスA: 最大けん引は500kg以下(垂直荷重50kg)
クラスC: 最大けん引は750kg以下(垂直荷重75kg)
クラスE: 最大けん引は2000kg以下(垂直荷重200kg)

ヒッチメンバーの使い方

トレーラーの牽引
カーゴボックスの取付
サイクルキャリアの取付

ヒッチの写真

ヒッチメンバーの取付費用について

ヒッチメンバーの取り付け費用は、おおよそ2万円〜3万円程度。
工賃は車のバンパーの加工や、配線作業の有無によって変動する。

昨今の車は電子制御が多く、トレーラー牽引の場合はトレーラーのブレーキランプ等の点灯の為に電装工事が必要となるので、技術のある工場での作業を強くお勧めする。

ヒッチの写真

ヒッチメンバーはどこで入手できる?

純正でヒッチメンバーのオプションの設定がない車種はどうしたらよいのか。

オプションの設定がない場合は車種専用にヒッチメンバーを制作している会社から購入する事ができる。

国産車でも海外で販売されている車種なら、比較的簡単に輸出用の純正パーツまたは、欧米のパーツメーカーの製品が見つかる。

主なヒッチメンバーを制作・販売しているメーカーはこちら。

DMD
リーズナブルな価格で幅広く国産車のヒッチメンバーを販売するDMD。
車種・形式が一致しないお客様は、ワンオフ制作も可能との事。

サントレックス
ボートのトレーラーなどを開発する信頼性抜群のメーカー。

カーメーカーに純正採用もされている。

ヒッチの写真

ヒッチメンバー装着して車検通るの?

ボルト、ナットで装着されているヒッチメンバーは、取り外しが可能なパーツとして認識されるので、構造変更の必要が無く、装着したまま車検を受けることが出来る

但し、車両フレームとヒッチメンバーを溶接などにより取り外しの出来ない時は、構造変更申請の必要。