You are currently viewing 電動工具メーカー『ミルウォーキー』の車両カスタムプロジェクト

電動工具メーカー『ミルウォーキー』の車両カスタムプロジェクト

ドリームドライブでは、車両の製造に電動工具メーカー『ミルウォーキー』の工具を使っている。今回はミルウォーキー社の車両に綺麗に工具を積み、かつイベント時には、ドアを開けるだけでディスプレイにもなる様なデザインを考えた。
先ずは持ち込まれた車両の寸法を測り、具体的な家具の配置を決めていく。

次に使いやすさを考慮した配置が決まれば、家具一つ一つの寸法を出していく。

寸法がでたら、木材を選ぶ。
今回は重い工具を乗せる想定で角材を車両のフレームに打ち付け、その上に板材としての住宅の床材にも使われる、強度が強いOSB板を貼っていく。
この時に下地の角材をしっかり固定しなければ、後々重い工具を乗せた時に壁板ごと剥がれてしまうので、見えない部分こそしっかり下地処理を行う。

ミルウォーキーのサイレントインパクトドライバーでビスを打ち付けていく。

使いやすい位置に工具を取り付け、完成。

この車両のまま展示会に行ってもドアを開けるだけでディスプレイにできて、バッテリーや細かいアクセサリーの収納にも役に立つ。

工具別に分けて壁にかけているので、必要な工具をすぐに外したり、積んだりする事が可能に。

YouTubeにこのバンの製造過程のビデオをアップしたので、ぜひご覧下さい。