You are currently viewing 【車載冷蔵庫】車で食材を冷やす方法

【車載冷蔵庫】車で食材を冷やす方法

キャンプやキャンピングカーでの移動中に、食材や飲み物を冷やすための基本的な方法を紹介!

夏といえば海水浴とかキャンプ!ですが、移動中に買ったビールや飲み物をずっと冷やしておきたいですよね。

キャンピングカーでは、いろんな方法で食べ物や飲み物を保冷できます。

クーラーボックス

価格1,500円〜50,000円

クーラボックスの写真

メリット

価格の選択肢が多い・安い

騒音がない

デメリット

冷却用の氷が溶けるので面倒

飲み物に最適だが、野菜やパンなどの食品には向かない。

ペルチェ式冷蔵庫

15,000円~25,000

クーラボックスの写真

12Vの電気で作動する、冷蔵庫の冷却方法の1つであるペルチェ式冷却を利用した冷蔵庫。
ペルチェ素子という電子を利用して冷却するシステムです。

メリット

持ち運びが容易で、小型である。

比較的安価

コンプレッサーを使わないので静か

加熱/保温できるものもある

デメリット

ペルチェ式の冷蔵庫は、物質の吸熱現象を応用した冷却方式のため、他の方式と比べて冷却機能が低く、庫内温度を5度までしか下げれない。

小さい冷蔵庫が主流で、容量が4〜10Lしかない(小さすぎて使い物にならないこともある)

外気温が暑いと冷蔵能力がかなり落ちる。

電気的使用効率が悪く、バッテリーの消耗が早い。

アンモニア吸収方式冷蔵庫

40,000円~70,000

冷蔵庫の写真

3ウェイ吸収式冷蔵庫は、冷蔵庫を充電するためのエネルギーを提供するために、熱源に依存しています。

通常、ガス、12Vバッテリーまたは110V/ACを介して電源であることができますので、この理由のために彼らはしばしば3ウェイ冷蔵庫と呼ばれています。

メリット

運転音かなり静か

異なる電源から電力を供給することができる

ガスで稼働する場合、少量のガスしか使わず効率的である

デメリット

水平でないと正常に動作しない(キャンピングカーでは完全に水平に保つのが難しい場合がある

ペッパーベンチレーションが必要

定期的な点検が必要

12V電源では効率が悪く、数時間でサブバッテリーを使い切ってしまう

コンプレッサー式冷蔵庫
15,000円〜150,000円

コンプレッサー式冷蔵庫は、ほとんどの人が自分の家で持っている冷蔵庫と同じタイプ。

電気で動くコンプレッサーを利用して冷蔵庫を冷やします。

メリット

低メンテナンスは、定期的なサービスを必要としない

エネルギー効率に優れ、常時稼働ではなく、断続的に稼働するため、12Vシステムには最適。

水平にする必要がないので、車の寿命が延びる

デメリット

高価

コンプレッサー作動時は音がうるさい

冷蔵庫の写真