You are currently viewing 車で快適に寝るコツ

車で快適に寝るコツ

今日は車で快適に寝るコツを紹介!

車中泊の良いとこは、準備も少なくて済むし道の駅でも高速のSAでも時間帯に関わらず、どこでも寝れるのがいいですよね。

ですが、車で寝るには、すぐ寝れる人もいるし、。雑音や光などが気になって寝れない人もいるかと思います。

車中泊で快適に過ごすコツを紹介!

車内で快適に寝るコツはリラックスできる環境を作る事

車を水平にする

運転席に座っていると、地面の傾斜は分かりづらいですが、いざ寝ようとして寝転がってみると傾いていて、寝付けない事も。

また、キャンプサイトでもフラットじゃないとこが多いです。

そんなときはiPhoneの水平系と、車のタイヤの下に挟む事で高さを調節するレベラー。

レベラーは、車で乗り上げるだけで車高を調整できるので便利。

更に感覚だけでは水平か把握しにくいので、水平系があれば一目瞭然で数字で把握できるので、便利。

数日車を動かさない長期ステイの場合はジャッキで車両を固定する方法もある。

人が中で動いても、車が揺れないので、快適。

ハイエースDXバンの写真

マットレスを持っていく

キャンピングカーで車中泊する場合でも、キャンピングカーのベッドは薄いマットレスしかない場合もあるので、しっかり睡眠が取れるように、マットレスを持っていくと良い。

夏の車中泊は、通気性に優れてる、コットンや、冷感生地がオススメ。

エアマットは隣で人が寝てると、マットレス全体が動き寝付けない事もあり、エアマットレスは選ばない方が良い。

KUMA Qのクイーンサイズベッド

快適な睡眠は音、光、気温が大事

「音」対策

耳栓は車中泊に必須のアイテム。

毎回静かな森の中や、ビーチで車中泊できれば理想だが、現実の車中泊は道の駅やSAも多い。

道の駅や高速道路のSAでは、エンジンを掛けたまま止まっているトラックが多く、また自分が寝てる時に真横に停められ、ずっとエンジン動いた状態で駐車された場合、うるさくて眠ることができない。

耳栓は嵩張らないので、車中泊時には一つ持っておくと良い。

また、外の音がうるさい時には、様々な雑音をミックスしたホワイトノイズを聞きながら眠ると睡眠の質が高まる

※ホワイトノイズとは、雑音の一種で様々な周波数の音を同じ強さでミックスして再生したノイズ

「光」対策

人間は光を浴びると自然と起きてしまう。

快適に眠るコツはなんといっても、車内を暗くする事。

夏の時期は日が登るのが早いし、道の駅やサービスエリアは夜でも街灯が明るい場所がほとんど

ハイエースや、日産キャラバン、など人気の車種は車種専用設計の遮光パッドが売っています。

専用設計の物が売っていなくてもアマゾンで売ってる汎用品で対応できます。

最悪、遮光パッドがなかったり、光が漏れる時はアイマスクも併用しています。

ハイエースDXバンの写真

車内の「気温」対策

気温も快適な睡眠には欠かかせない。

一般的に人間が快適に眠れる温度は、16~26℃程度とされている。

夏の車中泊で蒸し暑くて、ベトベトした中で車で寝る事ほど不快なことはない。

今は真夏の猛暑日で夜でも30度ほどあるので、アイドリングでクーラーを使うか、標高の高い所で寝るかなる。

キャンプ場や、RVパークなどではアイドリングできないので、事前に旅先の夜の気温も調べておくと良い。

東京が猛暑で38度なのに対し、標高1,900mは21度しかなく、とても快適に眠れた。

標高の高い道の駅のリンクはこちら。


1位 1,934m 道の駅 美ヶ原高原
2位 1,231m 道の駅 草津運動茶屋公園
3位 1,217m 道の駅 ビーナスライン蓼科湖

「気温」対策 空気を循環させる

窓を少し開けて、車内で温まった空気を逃すために換気も重要です。

対角の窓を開けて、空気の流れを作るか、モバイルバッテリーで動くUSBファンを窓際に置いて、空気を循環させるとオススメです。

特に夏は少し太陽が出ただけでも車内の温度が上昇するので、換気する事で温度の上昇を防ぐ。

「気温」対策 日陰に車を停める

夏の車中泊は日陰に車を停める事が何よりも大事です。

夜、道の駅などについて寝床を探す場合は、太陽がでる東側をiphoneのコンパスで把握し日陰を予測し停めると良い。

ハイエースキャンピングカーの写真

普通のルーティンをこなす

寝る前にお茶 飲む場合はルーティンを車でもすると、落ち着くし、良い睡眠に繋がる。

車の匂いが落ち着かない人はアロマやアロマスプレーでリラックスするのも良い。

 

今回は車内で快適に睡眠をとる方法を紹介しました。少しでも参考になれば幸いです。

大きなベッドが特徴のドリームドライブの車両の詳細はこちら