You are currently viewing 冬のバンライフでコンパクト必須のアイテム7つを紹介

冬のバンライフでコンパクト必須のアイテム7つを紹介

Table of Contents

冬のバンライフはスキー場を拠点に滞在したり、新雪が降ったら移動しながら新雪を追い求めたり、とにかく柔軟に旅できることが大きなメリットですよね。

ただ、冬のバンライフは上着や毛布などが嵩張るので車内が狭くなりがち。

そんな冬場のバンライフでの問題は嵩張る荷物の収納スペースの確保と快適に過ごす為の気温のコントロール。

今日は冬のバンライフであると便利なコンパクトなアイテムとを紹介します。

冬のバンライフにあると便利なグッズ

折りたたみ可能なカップ

飲み物を飲んだ後にクシャっと小さく折り畳む事が可能なマグカップ。

寒い冬はコーヒーやお茶などを飲む機会も増える。

普段だと嵩張るマグカップが折り畳める事で収納も簡単になる。

コップの写真
エスプレッソマシンの写真

ポータブルエスプレッソマシーン

車の中で大きなエスプレッソマシンは置けないが、車で過ごす時も美味しいコーヒーは楽しみたいですよね。
そんな時に重宝するのがこのポータブルのエスプレッソマシン。

コンパクトながら、本格的なエスプレッソが抽出できて寒い冬、外にコーヒーを買いに行かなくても車内で美味しいコーヒーが楽しめます!

マックスファン& 窓カバー

キャンピングカーには換気扇が付いていますが、換気扇のカバーは薄く冬場は冷気が入ってきます。

換気扇から忍び入る冷気をブロックし、室内の暖気を逃がさない冬の必須アイテム。

同時に光も遮るため安眠用グッズとしても役に立ちます。

厚めの窓に沿ったパッドを装着すると車内の暖気が逃げず、室内の温度低下防止に繋がります。

マックスファンの写真
湿度計の写真

湿度メーター

冬場のバンライフは車内と外気の温度差が大きく、結露が発生しやすいです。

温度も一緒に管理できる温湿度計が多く、一つあると数字で管理できるので便利ですよ!

水のタンク

冬場は水道の水が凍り、使えなくなる可能性や、凍結防止の為、キャンピングカーの水道システムから水を抜いた方がいい状況も…

10L程度の水タンクは就寝前に水道システムから水を抜いた際に少し手を洗いたい時や、お湯を沸かす水などに使えて便利です。

水タンクの写真
ポータブルトイレの写真

ポータブルトイレ

冬、寒い夜に起きて、外にトイレに行くのはめんどうで気分が乗らない。そんな時にポータブルトイレがあると実用的で便利です。

なれると本当に便利なアイテムです。

最近の製品は密閉力が高く、ニオイが漏れる事なく車内でも快適に使用できます